住宅購入と税金の関係って?

住宅購入時にかかる税金

住宅を購入した時には、印紙税や、消費税、登録免許税などがかかります。印紙税は、住宅の売買契約書を交わす時に、契約書に対してかかる税金です。住宅ローンを利用して住宅を購入する時には、住宅ローンの契約書に対しても印紙税が必要になります。収入印紙を契約書に貼付し、印鑑を押すことで納税できます。消費税に関しては、土地は非課税ですが、建物や不動産会社への仲介手数料に対して支払わなければなりません。登録免許税は、土地建物の登記をする時にかかる税金のことで、登記を申請する時に納税することになっています。他にも、不動産取得税も払わなければなりません。これは、不動産を取得した時に払う税金のことで、基本的には固定資産税評価額に、税率4%を乗じた金額を支払うことになります。

住宅購入後にかかる税金

住宅を保有するとかかる税金には、固定資産税があります。これは、1月1日現在、土地や家屋、償却資産を所有している人が納めなければならない税金ことです。市町村が土地と建物の固定資産税評価額を決め、それに所定の税率をかけて計算されます。毎年4月頃に納税通知書が送られてきますので、そこに記載されている期日までに納める必要がありますが、一括で支払うのが厳しい場合には、分納を利用することができるでしょう。他にも都市計画税も支払わなくてはなりませんが、これも1月1日現在の土地・家屋所有者が支払わなければならない税金で、市町村ごとに定められた税率に従って納めることになります。固定資産税も都市計画税も、税率は市町村が独自に定めることができるため、地域によって異なる場合があることに注意しましょう。

© Copyright Find Your Dream Home. All Rights Reserved.